☆INU TSU☆        presented by the Tickelmann

…God spoke, 'of all creation you live nearest to the noble heavenly traits;
and so my name I backward gladly spell and call you DOG.' Anonymous,
from How the Dog was Named.

…神は言われた。
あらゆる創造物のなかで、なんじほど気高くて神々しい資質をもつものはいない。
ゆえに、わたしは喜んで自分の名前を逆につづり、なんじをDOGと呼ぼう。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SEARCH
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
test
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 2匹の出会い(道理引っ込み編) | main | きもだめし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ドーベルマンに噛まれた!
なんてのはうそですが正確には食われかけた・・・(もっと悪い?)。我が家ではティン飯は手作りなんですがカルシウムとリンの比率が気になるものの、サプリでの過剰摂取の方がよくないと思っているので、生ラム骨をときどきあげています。ウニにもおこぼれをあげるのですが、周りに生肉やら脂肪やらべたべたに付いているので二匹とも狂い食いです。油断すると丸呑みして消化できない事があり、翌日吐くので手で持って与えてます。がりがり肉を噛み砕いて弾きちぎりおいしそう。ティントが先に食べおわったのでもう少しあげようと、小さいピースを割ってティンにはそのまま、ウニには何を間違えたのが口の中に私の手ごとつっこんでしまいました。肉の血と油に塗れた私の手も一緒にむしゃむしゃ・・・。ミシッと骨の避ける音。
私の様子を変に思ったウニが口をあけたのでそのまま食われる事はありませんでしたが、うかつでした。何かの異変にきょとんとしている二匹。私はにっこりと「はいご馳走様!」といって半泣きで手を洗いに行きました。幸い刺し傷(
となぜか打撲っぽい)だけだったので血もすぐ止まり大事にはいたりませんでした。(なので会社も休めません。常に休む隙を狙っている私。)次回の骨は怪我が治ってからにします。同じとこをやられるといたいので・・・。

| もん一家 | Tinto&uni Today | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://tickel.jugem.cc/trackback/30