☆INU TSU☆        presented by the Tickelmann

…God spoke, 'of all creation you live nearest to the noble heavenly traits;
and so my name I backward gladly spell and call you DOG.' Anonymous,
from How the Dog was Named.

…神は言われた。
あらゆる創造物のなかで、なんじほど気高くて神々しい資質をもつものはいない。
ゆえに、わたしは喜んで自分の名前を逆につづり、なんじをDOGと呼ぼう。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SEARCH
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
test
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< フランセロゴス | main | 都市伝説:ドーベルマンに何があったの? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
安らかに
先日実家の犬のうちの一匹が永眠しました。
若い頃は近所の男の子にモテモテだったこともある美人さんでした。

彼女が家にきたとき私はすでに一人暮らしをしていて、実家にはほとんど帰らない生活でしたので、わんこ達に対しての意識もかなり薄かったように思います。
自分の生活が一番で、少なくとも会いに帰ろうとはしませんでした。

それから何年がたったのか、自分で犬と暮らしはじめるとそれまで思いもしなかった気持ちになり、生きものに対するいとおしさとか、大切さとかを知ることができました。

癌が全身に回っていてもう長くないと聞かされ、今年は空手家に無理を言って二人でお正月多めに帰省しました。症状の悪化は思ったより早く最後は闘病で辛かったと思いますが、本当にがんばりました。今は天国で走り回ってる事を祈りたいと思います。

色々と考えるところのある数日間でしたが、ありがとうといいたいと思います。
| もん一家 | - | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
グルヌイユ (2006/02/03 6:09 PM)
会社帰りにK子さんと待ち合わせして、花をもってかえりました。

そしたらすでに、お花にうずもれて幸せそうな顔で眠っていました。。。
toto (2006/02/03 9:22 PM)
癌ですか。きっと最期まで懸命に生きたのですね。
私も子供の頃を共に過ごした子が死んだ時はとても
悲しかったこと、思い出しました。
ご冥福をお祈りいたします。
monさんの”ありがとう”の気持ち、きっと天国の愛犬に
通じていることと思います。
胡桃 (2006/02/04 2:20 PM)
わんちゃん、よくがんばりました。
ご冥福をお祈りします。

生きるのも、死ぬのも意味あってのこと。
御愛犬の死も、きっと何かを周りの人たちに
伝えたことでしょう。

monさんの思いもきっと伝わったことでしょう。
役目を終えて、虹の橋の向こうで、楽しく過ごしていることでしょう。
お銀 (2006/02/05 10:57 AM)
わんちゃんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
 たくさんの素敵な思い出を胸に、きっと天国ではお元気な姿で走り回っておられる事と存じます。
 こういう訃報を伺う度に、愛犬との今がどれほどかけがえのないものかと、胸が熱くなってしまいます。
toto (2006/02/05 1:02 PM)
失礼致します。
ブログ、作りました。
手探り状態ですが、元気になられましたら遊びに来てくださいね。
(2006/02/05 8:32 PM)
ご実家のワンコちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
いままで居てくれて当然だった子が居なくなってしまった時の喪失感 本当に辛いですね。
でもお正月にも帰ってあげてワンコちゃんもmonさんの気持ちはきっとすごくよくわかってくれていたのではないかと思います。そしてたまには天国からmon家に遊びにきてくれているかもしれませんよ。
mon (2006/02/05 10:59 PM)
ぐるさん
できれば近々会いに帰ろうと思っていたけど間にあわなかったよ・・。少しでも痛くないようになんて色々やってみたけど私は非力だわ。
ウロとマルとコロが待ってるよね。

totoさん
ありがとうございます。本当に最後まで頑張ってくれました。

胡桃さん
とくに母には大きなことだったと思います。
なくなった後は本当に安らかだったようなのできっと元気に走り回っていますね。ありがとうございます。

お銀さん
ありがとうございました。私も後悔しないよう、わんことの毎日の生活を大切にしていきたいと思います。




それから、お名前が入ってないのですが、温かいメッセージありがとうございました。犬は帰ってきたときに爪音でわかるといいますよね。あるいは食卓のから揚げが一つなくなっていたら・・・・。


けん (2006/02/06 9:25 AM)
口角があがっていてほんとうに安らかな顔でした。

monさんの心配する気持ちもシロチンにいっぱい伝わってた
と思います。

シロチンはチエ母の守り神となってそばに居続けるよね。
シロチンの分もこれからはコロチンを可愛がろうと思いまふ。
さみしそうだもん(涙)

どちて (2006/02/06 2:34 PM)
ご実家の御愛犬のご冥福を心よりお祈り致します。
私も3年前に、小学生になってからずっと一緒にいた愛犬が旅だったときのことを思い出しました。
今期の役目を終えて、きっとお空で楽しく過ごしていることでしょう・・・。
なつこ (2006/02/06 3:58 PM)
ご愛犬のご冥福を心よりお祈り致します。
私事なのですが、実家のビーグルが去年乳がんの手術をしたんです。
幸い早期発見で転移も無く、今は元気にしているのですが、それでも体中良性腫瘍が結構あります。
良性だと分かっていても、触ると痛々しくって・・・。

monさんのワンちゃん、姿は見えなくなっちゃたけど常に近くで見守ってくれていると思います。
生き物って、生まれた時から最期まで色んな事を身を持って教えてくれますね。
私達人間もそうだけど、悔いの無い様に生きて行きたいです。
みやび (2006/02/07 1:01 PM)
ご実家のワンちゃんのご冥福をお祈りします

「ありがとう」を伝えたいというのはとても素敵だと思います
私も、いつか来るその日には「ゴメンね」とか「もっと…」とかじゃなく「ありがとう」って言えるようにと思ってます
なんでもない毎日が、とても幸せなんですね
(2006/02/07 11:46 PM)
けんへ
ころちんもこれからころちん自信が楽しく人生(犬生?)を送ってほしいと思います。
ころちんも不平を言わずよく頑張ったもの!

どちてさん
ありがとうございます。
またいつか会えるといいなぁと思います。

なつこさん
良性だったのですね!本当に良かったですね。
いつまでも元気でおられることをお祈りしています。
母にとってもかけがえのないワンでしたので、彼女もたくさんのことを教えてもらったのだと思います。

みやびさん
本当は「いやだよ!」とか「ごめんね。」とかいう思いがなかったわけではないのですが、ワンも言われれば辛いのだと思いました。
精一杯充実した人生を過ごさせてあげて、そして「ありがとう。」っていえるようにしたいと私も思います(^^)











url: http://tickel.jugem.cc/trackback/236