☆INU TSU☆        presented by the Tickelmann

…God spoke, 'of all creation you live nearest to the noble heavenly traits;
and so my name I backward gladly spell and call you DOG.' Anonymous,
from How the Dog was Named.

…神は言われた。
あらゆる創造物のなかで、なんじほど気高くて神々しい資質をもつものはいない。
ゆえに、わたしは喜んで自分の名前を逆につづり、なんじをDOGと呼ぼう。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SEARCH
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
test
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
西遊記(番宣ではありません)
今ケーブルで「西遊記」が放送されている。お若い方々、ご存知でしょうか?
宮沢りえとモックン、島九がやった奴ではないですよ(これも古い?)

故・夏目雅子さんと堺正章と岸部シロー、西田敏行(兇任郎献肇鵐撻い任靴燭、私は絶対西田派)&おちゃめな藤村俊二の超時代劇。
中国の原作をモチーフに作られたお話です。

http://www9.plala.or.jp/riversite/saiyuki/

三蔵法師が天竺へありがたい教本を取りにいくのを、それまで妖怪として悪さをしていたサル・河童(※)・豚の化身との出会いによって、守り・守られるうちに徳を積んでゆくという道中を描いたお話。

三蔵は世の乱れを沈め平穏の世にするためガンダーラへ向かいます。
妖怪たちはそれぞれ色々ないきさつもありますが、みんなで旅をしていくうちに真剣に人間になりたいと思うようになります。
それぞれ目指す目的のため、そして自分の心に沸いてくるおっ師匠っさんへの憧れや愛情(人としての)のため、過酷な旅を続けていきます。

お話も1話読みきりで、まるで本を読んでいるようなドラマでしたよ。
勧善懲悪だったり、感動物だったり、説法チックな(基本的には全部そうなんでしょうけど)お話だったり、お笑いだったり。
ゴダイゴの音楽と相まって最高のエンターテインメントでした。

小学生だった私はいたくはまってしまい、図書館で原作・戯曲を借りまくりさらにはまっていったのです。
私たちは悟空という名前が呼びなれていますが、書籍では孫行者だし、
頭のワッカを閉めるおまじないもTVなどでは般若心経なのに、原作では言葉にもできない謎のお経なので誰も表現できないといった感じだったような。
三蔵法師もTVのように気丈な感じではなくて「これ!どうするのじゃ?ひえーー!」といった情けなかった気も・・。

TV以上に本の西遊記も満喫いたしました。

人が三蔵のように更なる心の浄化を求めて生まれ変わるように旅をするのであれば、わんこにゃんこは人間になりたいと旅をする。
それをサル・河童・豚と描いたとして何の違いがありましょうか。

西遊記ってすごくない?

※ちなみに西遊記は私が昔同居していたオーストラリアの女の子に、何回説明してもまったくわかってもらえませんでした。
外国の人の西遊記識知率はかなり低いと思うのですが、もし外国のお友達がいる方、ご報告お待ちしています。
で、河童もなかなかマニアックのようで、すごく有名な日本の妖怪かと思っていたら普通の女の子の計り知るところではなかったようです。
結局「胡瓜が好きで、沼とかに生息する頭にお皿をのせ、背中に甲羅を背負った、両生類的な妖怪。」と説明すると、かなり引かれました。



| もん一家 | Je pence,et... | comments(8) | trackbacks(0) |
我思う・・・・・ゆえに
結構一発芸の多い私のNEWカテゴリーですが、またひとつ・・・。 JE PENCE, ET・・・.我思う・・・そして・・。 というフランス語です。 わんこと暮らし始めて、たくさんお勉強してるつもりでも、心の中で通り抜けてしまっていることすごく多いです。 今日がんばったこと、できたこと、できなかったこと、たくさん書いていきたいと思います。 ブログの割りに匿名性を楽しみ、お気楽のんきにと思ってきたこのブログですが、ちょっとブログっぽくやってみようかな。 ぐるさんはすごいね。
| もん一家 | Je pence,et... | comments(1) | trackbacks(0) |